ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
展示の様子・その1
 まずは「ドールズ!レッドカーペット」から。



でも写真は廊下の様子をチラリとだけ、です。
ぜひ各作家さんのHPなどでごらんください。

みなさん頭を抱えて映画と取り組んだ作品ばかりです。
こんな特別展示を形にできたことを、誇りに思う主催です。

それでは、ギャラリー3の明るいお部屋から見ていきましょう。



rautaさん。手製の箱に入ったクマちゃんのアップ画像です。
こんなに可愛いモノがあっていいんでしょうか。
rautaさんは会期中、とってもニコニコと楽しそうでした。
手紡ぎ実演も大きな糸車を持ち込んでくださって、お客様にその世界を案内していただきました。
ご主人にもいっぱいお手伝いしていただき、ありがたかったです。



poppetさん。こんなかわいい人形を作りながら、裏方仕事もがっちりこなしてくれました。
ゆっくりみられなかったけど、男の子はこんなにかわいいオーバーオールを着ていたんだね。
あなたがいないと、FBDはさぞかし寂しくなっていただろうと思います。
参加してくれてありがとう。



影山多栄子さん。
ため息のでるような小さな子から、しっかりと抱ける大きな子まで、どこまでも影山印の綺麗な人形たちばかりでした。
CCAAになぜかあった、骨董モノの乳母車に嬉しそうに人形を飾ってくれました。きっと乳母車もあなたの参入を待ちわびていたことだと思います。



ハナブンさん。真っ赤な文化人形のひな壇を演出してくれました。時間が巻戻って、女の子の節句がまた始まったみたい。気分が華やぎます。文化人形の領域がこんなに広い、というのをいろんな方に見ていただけたと思います。ハナさんは相変わらず愛想もよくって、三日間とても元気でした。東京に来てくれてありがとう!



今回だれもが膝にガクガクきちゃいそうになったのは、”あまのじゃくとへそまがり”さん。彼女が什器で使った薬棚も、実はつい最近CCAAに拾われてきたものでした。なんというナイスなタイミング!虫の大好きな男子も、虫の苦手な女子も、強烈に楽しんでいただいたニューフェイス。頑固一徹いきもの職人ぶりにはFBDメンバーも頭が下がりっぱなしでした。



あいかわらず素晴らしい空間構成を演出する、本多厚二さん。
ダ・ヴィンチがすごく乙女なセンスを持っていたら、こうなるかも?と思ってしまいます。
その乙女ロマン満載のワークショップは、女子希望者がひっきりなしの大成功でした!
お疲れ様でしたね。



にしおゆきさん。
おろおろ・うろうろしながら搬入作業をする彼女ですが、展示作業が終わるとそこはもう
にしおワールド。一歩足を踏み入れたら、何も手を出さずにはいられません。
彼女の作品は迷っている間にどんどん売れてしまいます。
それでも東京でこんなにまとまって見られるなんて、すごく幸せです。



野村洋子さんの、ガラスの動物たち。今年もGWの綺麗な日差しの中で、キラキラとかがやいていました。華やかなガラスの世界も嘆美だけど、野村さんの作品は可愛くてキレイ。年齢と性別を問わないファンがつくのは、きっとその親しみやすさだと思います。


次回はギャラリー1の展示作品をご案内しますね。
FBD2010後記 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>